2011-07-19

コンサート “HI MIZU KAZE~Rebirth” 終了

先日のコンサートの報告です。

5日はダンサーが飛行機がカリフォルニアから飛ばず、出演できないという事になり急きょ“HI MIZU KAZE~Preludeとして行いました。

そして今回やっと16日に“HI MIZU KAZE~Rebirth”



実は和太鼓とのセッションは僕にとって初めてでした。しかもプログラムの半分は即興で行いました。通常雅楽の世界ではかなり細かなとこまで打ち合わせ練習して望みます。というかそれが望ましい姿だと思います。ですのでプログラムの半分を即興でするというのは僕にとっては初めての試みで、しかも実は結構楽しんでしまいました。

今回も基本的な打ち合わせはしてますが、大まかなストラクチャーのみ。途中俳優さんに詩の朗読を入れてもらたっりして、僕としても色々と勉強になり今後の活動に参考になる部分がたくさんありました。

改めて気付いたのはやっぱり龍笛は音色が命。逆にいえば特に古典以外の曲を吹く時は音質がよければ聞かせる事が出来るが、音がすかすかだったらいくら神業的な指をつかっても全くお話にならない。

もちろん音楽というのは一音だけでは音楽になりにくいから、指の移し方、息の使い方も勉強しなければならないのはいうまでもない。

さてダンスの事だが彼女は実によくやった。それとともに古典の舞の完成度にも改めて気付いた。あれだけ無駄な動きを削り、呼吸とともにできている“動き”というのは類を見ない気もする。今さらだが。。

さらに創造的な仕事をしていきたいと思う。


ご来場頂いた方本当にありがとうございました。



2011-07-18

NADESHIKO JAPAN!!!!

勝ちました!!

言葉はいりませんよね。



さて、僕も頑張っていきます。


2011-07-06

モダンダンス、龍笛、笙、篠笛、和太鼓のコンサートのはずが。。

今までコンサートの当日、前日にはいろいろはハプニングを体験してきました。

しかし今回は雅楽で言うところの舞楽をするのに舞人がいない。。っという事態になってしまいました。

当日の朝4時頃、ふと起きて寝ぼけた目でipodtouchを見るとダンサーからメールが入ってタイトルに「本当にごめんなさい」という文字がうっすら見えた。何かへんな予感はしたものの読んでいくとカリフォルニアからの飛行機がNYに飛ばないという事だった。。。だからコンサートには間に合わないという事だった。

これはまいったと思いつつも、策を練ながらまた就寝。夢のなかで思案、、、

二時間後くらいに起きて、かおるさんから電話。彼は全く驚く様子もなくいたって普通。「まぁよくある事だよね」って一言。

彼は3時くらいまで他の用事があったので打ち合わせは4時から。僕はレセプションのワインやチーズをいつもの場所で買い出しして、すこし練習。8時半からのコンサートでプログラムが決まったのは5時過ぎ。メンバーを彼の友人から急きょ一人追加。そしてプログラムが仕上がったのは7時半過ぎ。。

途中即興の曲を二曲追加。彼と彼の友人の太鼓をたたく人はいつも一緒にやってる仲間で手の家は知れたもんで特に問題はないが、僕はその曲を聞いたことすらなかった。その会場ではリハができなかったのでぶっつけでやるしかなかった。

最近、僕の笛の調子自体は悪くなかったし、ある程度僕は自分の音色に自信を持ってるから何を吹いても聞かせる自信は多少あった。だからなんとかなるだろうと思って本番に臨み実際なんとかなった。と願うが、、お客さんはどう思っていたやら。。。

まぁ、とにかく無事に終わったが、このコンサートは実は序章。

ダンサーが今まで作ってきたものをなんとかやりたいという事で今月16日にもう一度やる事になりました。

タイトルはHI MIZU KAZE~REBIRTHだったのですが、今回は HI MIZU KAZE~PRELUDEとして次回を HI MIZU KAZE~REBIRTHとしました。


お客さんもインディペンデンスデーの次の日だったので入りが悪いかと思っていたのですが、そこそこ入っていただきました。

ご来場頂いた方本当にありがとうございました。

次回16日(土)7時30からもぜひよろしくお願いいたします。いよいよ橋本真奈登場です。
場所 Tenri Cultural Institute 43A west 13Street (Bet5&6) Donation $10